• Miss Grand Japan 2020のティアラを製作

    今年はティアラ2台と、ジュエリーマスク1台

    ミス・グランド・ジャパン2020日本大会で、2020年日本代表佐治瑠璃さんのティアラと、2019年日本代表を勤め上げた湊谷亜斗林さんの卒業ティアラ、運営代表の使用するジュエリーマスクを製作させて頂きました。
    コンテストは下記のYouTubeからご覧いただけます。
    https://youtu.be/At5FZaXiGbM
    下記の時間帯に動画を進めて頂ければ、ご覧いただけます。
    0:21ごろ 運営代表挨拶 ジュエリーマスク
    1:34ごろ 日本代表2019ファイナルウォーク 代表ティアラから卒業ティアラ
    1:50ごろ 日本代表2020決定 代表ティアラ戴冠

     

     

  • atelier8

    アトリエ・エイトの取り組み

    建築クオリティーで、お付き合いさせて頂きます。

    建築出身の代表だからこそ、打ち合わせ、見積、製作、納品の安心感

    有限会社アトリエ・エイトのホームページへご訪問いただき、ありがとうございます。
    アトリエ・エイトは、ものづくりを通して、お客様と、その先のお客様が笑顔になるような、お手伝いができることを思い、製作に取り組んでいます。

    ・頂いたデザインから、信頼の技術で製作をお手伝いするサポート。
    ・「よせもの」という技術での、デザイン提案から製作までの一貫サポート。
    少量から、量産まで、お客様のニーズに合わせて、特注製作、OEM製作、ノベルティー製作など、ご対応させていただきます。

     

    代表の高橋正明は、デザインの国、フィンランドの建築家「アルヴァ・アアルト」財団や、「ユハ・レイヴィスカ」の設計事務所で働いた後、帰国。その後、建築、プロダクトデザイン、ジュエリーデザインなどを手掛けている間、両親の仕事「よせもの」という技術を継承している職人がほどんどいないことを知り、この技術の認知、普及、継続を目指し、装身具製造の仕事を継承しました。
    これまでの建築や、プロダクトの経験を活かしながら、見積もり、製作方法のアドバイス、製作工程、製品クオリティーの管理を行い、クオリティーの高いお付き合いと製品をご提供させて頂いております。

    また、ファッションでは常に世界のトップを走る文化服装学院で、代表自ら非常勤講師として、座学と実技で若い「よせもの」デザイナーやクリエイターを育てています。

     

  • OEM

    1個からでも、オリジナルで生産できます

    製作させていただいているアイテムをご紹介します

    アクセサリー

    ティアラ、クラウン、ネックレス、イヤリング、ピアス、ブレスレット、ブローチ、ペンダント、ラペルピン、カフス、バングル、バレッタ、カチューシャなど。

    コスチュームジュエリーやファッションジュエリーと言われる、アクセサリーを製作できます。とくに、小ロットの「よせもの」と呼ばれる技術で作る、スワロフスキー・クリスタルを使用したアクセサリーを得意としています。ティアラやクラウンなど、大きくて立体的なものも、ブライダルメーカーなどで、長年、製作しています。
    完成品までの仕上げだけでなく、半製品としての納品も可能です。

    取引先例:アパレルブランド(モード系、ファッション系、ゴスロリ系、ドレス系、メンズ系など)、ブライダルメーカー、お土産屋、雑貨ブランド、劇団衣装室など。

    雑貨

    バックのエンブレムやチャーム、置き型シャンデリア、犬小屋、ピクチャーフレーム、置き物など。

    金属加工により製作するものであれば、ある程度のものは生産可能です。特に、それらに、スワロフスキー・クリスタルを散りばめたいという場合は、多くの受注を頂いております。

    取引先例:アパレルブランド、バックブランド、商社、お土産屋、設計事務所、インテリア事務所、デザイン事務所など。

    ノベルティ、引出物

    キーホルダー、ピンブローチ、簡易ティアラなど。

    企業の特別プレゼント企画や、結婚式の引き出物など、数量がまとまるものは、「よせもの」での手作業より、プレス加工、キャスト加工などによる生産の方が安く仕上がることもあります。その際は、適切な製作方法をご提案させて頂き、量産体制でご対応させて頂きます。

    取引先例:アパレルブランド、バックブランド、商社、美術館、博物館、寺社仏閣、百貨店など。

    キャラクターグッズ

    ティアラ、ペンダント、ブローチなど。

    金属加工のオリジナルデザインパーツを製作し、それらをペンダントや、ヘアピン、チャーム、リングなどに転用しながら様々なアクセサリーを製作するなどが可能です。

    取引先例:アパレルブランド、雑貨ブランド、商社、百貨店、美術館、博物館、ゲーム会社など。

    ロウ付け加工、ハンダ付け加工

    特殊電気部品、医療機器部品、家具部品、建材部品、雑貨部品、アクセサリーパーツなど。

    各業界、手作業によるロウ付けやハンダ付け加工できる職人が少なくなっています。ロウ付けやハンダ付けのみの受注も承っております。

    各種メーカー、商社、個人作家など。

     

  • ご依頼の流れ

    <完成品のイメージが出来ている場合>

    ◆製作方法の確定と、お見積り
    完成品のイメージにたどり着くまでには、製作方法はいくつかあると思います。その完成品の納品数量、もしくは、こだわりの製作方法などを話し合い、製作方法の確定とお見積り、納期を提案させて頂きます。
    社内だけで出来るものであれば、1週間程度でお見積りをお出しすることが可能ですが、複数の協力業者を必要とする場合は、1週間から3週間程度、見積もりにお時間がかかる場合もございます。

    ◆生産スタート
    お見積りをご説明し、ご納得頂けたら、ご発注をお願い致します。
    数量、製作方法により、納期は異なります。

    ◆納品
    納品形態は、簡易包装や、指定ケースへの梱包など、事前に打ち合わせしておいた、お客様指定の方法で納品致します。

    ◆ご請求と、お支払い
    納品時、もしくは、納品後に請求書を送らせて頂きます。お支払いは、現金(お振込み)のみとさせて頂いております。

    ただし、発注金額が多い場合は、一部前払いをお願いさせていただく場合がございます。
    なお、法人以外の方のお取引は、生産スタート前に、先払いをお願いしておりますのでご了承ください。

    <デザインからご依頼の場合>

    ◆企画のヒアリング
    ご依頼いただく企画についてヒアリングをさせて頂き、総合的に検討しながら、デザイン、生産方法を考えます。

    ◆デザイン費の見積
    ヒアリングしたことを総合的に判断し、デザイン、生産方法の確定、見積提出までの作業にかかる費用(デザイン費)の見積をご提出させて頂きます。

    ◆デザインスタート
    デザイン費にご納得いただけたら、デザインをスタートします。デザイン提出と同時に概算の見積もりも提出致します。

    ◆デザイン、見積確定
    デザインの修正、見積の再計算、納期などを再提出させて頂きます。

    ◆生産スタート
    最終デザインと見積にご納得いただけたら、ご発注をお願い致します。
    後の工程は、上述の「ご依頼の流れ(完成品のイメージが出来ている場合)」と同じです。

    ◆デザイン、見積にご納得いただけなかった場合
    デザイン、見積提出の内容にご納得いただけず、ご発注まで頂けない場合は、この時点で、業務完了とします。
    事前にご提出させていただいた、デザイン費のみご請求させて頂きます。なお、法人以外の方のお取引は、デザインスタート前に、先払いをお願いしておりますのでご了承ください。

  • 「よせもの」とは

    1+1を夢にかえる技術です

    ひとつひとつ

    パーツとパーツを、溶接で接合する技術

    ひとつひとつ、つくりあげる「よせもの」は、アンティークジュエリーの製作技法を引き継ぎます。

    単純なパーツと、単純なパーツをロウ付けやハンダ付けという溶接技術でつなぎ合わせ、違う形に作り上げます。場合によっては、その形が、ハートに見える作品になったり、花の形になったり。1+1=2では無く、その人にとっては、想像力をかきたてる夢のような作品になるかも知れません。

    だからこそ、アンティークジュエリーは、心惹かれる作品なのかも知れませんね。

    透け感と軽さ

    ろう付けだから出来る、接点の繊細さ。今の技術でも、工業化出来ない、工芸技術

    ひとつひとつのパーツの接点だけを繊細なロウ付けで溶接し、その点留め溶接されたところ以外は、隙間となり、軽やかな透け感が特徴の作品となります。また、量産では作ることが難しい、クリスタルを留めるツメを使用することが出来るため、接着されたクリスタルと違い、エッジからも光を取り入れ、輝きを最大限に惹き出す作品となります。

    また、大量生産の「キャスト」加工には出来ない、薄いパーツをつなぎ合わせて作ることが出来るため、驚くような軽さです。着け心地の良さは、衣服の変形、着ける人の重力からの解放にも繋がります。

    サスティナブルな社会に貢献

    作りすぎない、必要な数を、必要な数だけ

    第二次世界大戦終了後、アクセサリー分野においてもキャスト技術が発達し量産化され、低価格すると、「よせもの」の継承が途絶え始めました。
    しかし、限られた地球資源の中で、必要ないほどの無駄な生産。そして、無謀な低価格競争。持続可能な社会を実現させるために、コスチュームジュエリーの分野でも、「よせもの」は、必要な分だけ、必要な数を作ることが出来る、とてもサスティナブルな技術です。この技法で、ブランドを作るあなたも、サスティナブルな社会に貢献するパートナーとなることでしょう。

  • よせもの

    有限会社アトリエ・エイトの「よせもの」ジュエリーは

    葛飾ブランドに登録されています。

  • INSTAGRAM

    atelier8の活動をご覧いただけます

    atelier8_tokyo

  • まずは、お気軽にご相談ください

    お問合せ

    有限会社アトリエ・エイト
    03-3693-8860
  • 会社概要

    [会社名] 有限会社アトリエ・エイト

    (有限会社エイトタカハシより社名変更:2005年)

    [代表取締役] 高橋正明

    [設立] 1972年(法人化:1986年)

    [住所] 124-0006 東京都葛飾区堀切1-39-9

    [電話番号] 03-3693-8860

    [営業時間] 9時~17時(土日祝祭日を除く)